占いを信じない人でも姓名判断は信じる

占いを信じないという人でも姓名判断は信じるという人は多いのではないでしょうか?
例えば星座占いなら12種類しか存在しません。
人間の運勢が12パターンしか存在しないの?同じ星座の人がみんな同じ運勢なんて嘘くさい。
運気が悪い人もいれば運気がいい人もいるはず、だったら当たるわけがない。
そんなふうに占いについて思っているのかもしれません。

しかし姓名判断は少し事情が決まってきませんか?
どんな名前を付けられるかでその子の人生は大きく変わると思うのです。
だからこそ、親は子どもに名前をつける時に姓名判断の本を買って画数などを調べたり、またお坊さんに名づけてもらったりするわけです。

確かに名前なら一人一人全く違っている結果をもたらすので結果にも納得がいくという人が多いのでしょう。
こんな例もあります。芸能人は芸名をつけます。
その芸名も名前ですから姓名判断が該当するわけです。
ある芸能人は全く売れなかったので、芸名を変えたそうでう。
そうすると急にチャンスが巡ってくるようになり一躍人気ものになりました。
芸能界なんて実力だけでなく運も必要になる職業だからこそ特に運気をよくする行為が効果的なのかもしれません。

私たちは一度つけられた自分の名前を変える事は特別な事情がない限りありません。
そして生まれてから死ぬまでずっと使い続ける名前ですから、どんな名前をつけるのか名前の画数を考えながらいい運勢を持つ名前を子供にはつけてあげましょう。
日本には言霊という考えがあります。そうゆう思想も占いを信じない人でも姓名判断を信じる人は多い1つの理由なのかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ